*

iPhoneの容量がいっぱいで写真が撮れない。そんな時は写真のクラウド化

公開日: : 最終更新日:2015/11/07 iPhone アプリ

iPhoneの容量がいっぱいになると写真が撮れないって知ってました?そんなお悩みを解消します。

 

緊急事態!容量いっぱいで写真が撮れない→ 応急処置

1096d4e99c2b7be9b4a26226fe80ba73_s

iPhoneの容量がいっぱいになると写真が撮れなくなるって知ってましたか?といってもこのページに検索で来られた方はすでにその症状かもしれませんが。。。

 

特に16GBの方はよくそうなるかもしれません。機種変更する時はその時の使用容量を見て、16GBで大丈夫なんて思っても、写真やら何やらで必要な容量はどんどん増えていって容量がたりない状態になってしまうものです。

 

いらない写真を整理・削除して写真を減らすのも限界があります。
iPhoneはAndroidと違いSDカードで容量を増やせないのが悲しい所ですね。

 

さて、写真が撮れないのは困るので、根本的な解決は後にして、取り急ぎ写真を撮れるようにしましょう。
本体がいっぱいなので、本体じゃない所に写真を保存すればいいわけです。

 

そう、クラウド、それです。

933eb1cdd0d3e45e66781b5322bd3ca0_s

私がおすすめするのはGoogle driveかDropboxなので、それらに写真を直接保存できるアプリが必要です。以前、iPhoneのカメラアプリ使い分けの記事でもご紹介した2つのアプリのどちらかをインストールします。

 

UploadCam

 

QuickDropS

私としては、保存先としてはGoogle driveの方が容量が大きいのでおすすめですので、Google driveにもDropboxにも対応しているUploadCamがおすすめです。

 

(但しgoogleは保存したデータを絶対に利用しない訳ではないので、セキュリティが心配な方はDropboxをお勧めします。)

 

((セルフヌードや自分の如何わしい画像はどんなにセキュリティがしっかりしてても、クラウドに保存するのはやめましょう。ハリウッドセレブのように流出の危機がありますからね。))

 

さて、話が横にそれてしまいましたが、アプリを起動し、使用するクラウドのアカウントを入力しログオンします。さらに、どちらのアプリも撮影した写真を本体に保存しないように設定できるので、本体に保存せず、クラウドにのみ保存するようにします。

 

また、UploadCamの場合はセルラーネットワークで保存するかどうかの項目もあるので、これもONにしておきます。

 

これで、とりあえず写真が撮影できるようになります。
この作業はPCは必要ないので、外出先で容量がいっぱいになってしまった場合の応急処置として使えます。

 

 

写真をクラウドに移動して容量不足を解消

さて、ここからは根本的な容量不足を解消します。容量不足の解消にはiPhoneの写真を本体からクラウドへ移行します。

 

PCとiPhoneを接続し、iPhoneの写真をPCへ移動したいのですが、iPhoneの中を見ると、写真がフォルダ分けされていて、すべてのファイルを一つのフォルダに纏めようとしても、ファイル名の重複が起きてしまいます。

 

なので、ファイル名の重複を解消する為に、ファイルの移動と同時並行でファイル名を写真の撮影日時に変換します。

 

ファイル名を一つ一つ手作業で変更したら、日が暮れるどころか、何日かかるか分からないので、そこは便利なソフトの出番です。ファイル名を一括変換できるフリーソフト Append TS2FN の記事で紹介した、Append TS2FNを使います。

 

クラウドに移動したいファイルをすべてPCにコピーしたら、iPhoneの中の写真を削除します。

※きちんとすべての写真がPCにコピーされたかどうか、ファイル数などで確認してから削除してください。

 

 

stackr Cloudでクラウドの写真をサクサク閲覧

さて、クラウドに保存したファイルをどうやって閲覧するかですが、標準のgoogle driveやDropboxのアプリでは、一度に表示できるサムネイルの数が少なくて、大量の写真から目的の1枚を探すのは困難です。

 

そこでお勧めするのが、stackr Cloudです。

このアプリはgoogle DriveにもDropboxにも対応していて、サムネイルのサイズを切り替えれるのが特徴です。

 

写真をぼかしているので見づらいのですが、このようにサムネイルのサイズを変えられます。

2 3 4

 

また、少々キャッシュを使いますが、毎回毎回サムネイル画像を読み込むのでは無く、キャッシュに保存するので、画像の表示がとてもスムーズで、サクサク過去の写真を探すことができます。

 

 

まとめ

iPhoneの写真の一部をクラウドに移動する事で、iPhoneの容量を節約できます。

 

基本的には古い写真ほど、見る機会は少なくなると思うので、ある一定期間より古い写真はクラウドに移行する事で、相当量のメモリを節約できるのではないでしょうか。

 

また、クラウドへ移行した写真の閲覧も、stackr Cloudを使うことによって、サクサクサムネイルを見ることができるので、あたかもiPhoneの中に写真があるかのようで、ほとんどクラウドに写真があることを感じさせません。

 

この記事の執筆時点ではgoogle driveは15GB使用できるようなので、写真でiPhoneがいっぱいになっている方は、相当軽くできるのではないでしょうか。

 

いっその事、撮影した写真をすべてクラウドに保存するようにすれば、写真を印刷したり編集したりする際にもいちいちiPhoneをPCに接続しなくて済みますし、iPhoneが壊れても写真は消えません。
(先にも書きましたが、写真の内容には注意が必要ですが。。。)

 

皆様もぜひ、写真のクラウド化ご検討ください。

 

では。

関連記事

実家でラジオの自動録音

故郷のローカルラジオ放送聴きたくありませんか? 私は、実家に住んでいた頃、ラジオを良く

記事を読む

ソフトバンクのスマ放題で無料留守番電話を実現

iPhoneでスマ放題の方々、留守番電話はどうしてますか? スマ放題で無料の留守番電話を実現する方

記事を読む

基本料金無料!MVNOもOK!留守番電話が音声ファイルで届く

もう留守番電話センターに電話しなくていいんです。 「再生は1を、消去するには7を、とか聞かなくてい

記事を読む

iPhoneのカメラアプリ使い分け

iPhoneのカメラアプリについてです。これから紹介する内容は色々なエフェクトがかかった写真が撮れる

記事を読む

iPhone神アプリ オフラインでも聴けたMusicBoxのオレンジが再登場だが・・・

この記事に辿り着いた方はすでにご存知だとは思いますが、MusicBoxがAppStoreに再登場して

記事を読む

iPhoneの無料音楽アプリ MusicBox

音楽アプリ使っていますか? 今日は私が使っている無料の音楽アプリ MusicBoxをご紹介しま

記事を読む

Crocs ルームシューズ クラシックスリッパ

冬が近づき、足の裏が乾燥してきたせいか、家の中で床の滑って歩きづらくな

ScanSnap ix1500 開封とインストールのレビュー

ScanSnap ix1500を購入したので、開封とインストールです。

フォルダー同期のフリーソフトは Allway Sync

クラウドサービスのようにフォルダーの内容を同期してくれるフリーソフトを

台湾旅行の携帯電話はプリペイドSIMとSIMフリー端末の利用がお得

台湾旅行にはSIMフリー端末を買って行きましょう。その訳は、、、 m

ホワイトBB ADSLからYahoo BB ADSLへの乗り換え

ホワイトBBのADSLからYahoo BBのADSLへ乗り換えには注意

→もっと見る

PAGE TOP ↑

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です